夜9時まで診療しています

ようこそ、さくら通り歯科へ

当院が目指すのは“一番通いやすい歯科医院”
歯医者と云えば「痛い」「怖い」「行きたくない」「回数や期間、費用がわかりにくい」そんなイメージがありませんか?
私共はそういう歯科のイメージをなくし“安心して気軽に通える”そんな医院作りをしていきます。

皆様のより多くの笑顔に出会うため、スタッフ一同がんばっていきます。
よろしくお願いします。

院長  原 洋介

お知らせはコチラをクリック

さくら通り歯科では下記に力を入れております。

虫歯の治療、予防、小児歯科、歯周病、ブリッジ、マウスピース矯正、親しらず、審美歯科

基本的な虫歯の治療

虫歯の治療は虫歯の大きさ、深さ、部位や位置によって治療法が異なります。歯の治療は、放っておいた期間が長くなればなるほど状態が悪化し、治療期間も費用もかかってしまうものです。虫歯歯周病になってしまった歯は、周りの歯に影響するだけでなく、しっかり噛めないことで胃や腸の消化器官に負担をかけるなど、身体全体に大きく関わりますので、症状があれば、早めに歯科医に相談しましょう。  「・・・もっと見る→」

予防歯科

予防歯科とは毎日の歯磨きや定期検診を行うことでいつまでも自分の歯を残すことが可能です。歯を残すことが出来る人、歯を失ってしまう人の大きな違いは、「痛くなってから歯医者さんへ行く」のではなく、定期検診と毎日の歯磨きを行っているというところです。虫歯歯周病は痛くなってからでは遅いのです。  「・・・もっと見る→」

小児歯科

産まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。ではなぜ虫歯になってしまうのでしょうか。離乳食を子供に食べさせるときに、お母さんが一度口をつけたものを子供に食べさせることがよくありますが、その時に、お母さんの歯が虫歯になっていると、虫歯菌が子供へうつってしまうのです。乳歯虫歯永久歯よりも進行が早く小さな子供にとって歯の痛み虫歯治療は負担が大きいです。早期発見のためにも定期検診をおすすめします。  「・・・もっと見る→」

歯周病

歯周組織に発生する疾患のことを、歯周疾患、または歯周病といいます。歯周疾患は、初期には自覚症状がほとんどないため気付かないうちに進行することが多く、症状が出た頃には状態が悪化し、治療に時間を要したり、抜歯が必要になったりすることがある深刻な病気です。歯周疾患のほとんどは、プラーク(歯垢)中の細菌が原因となって生じた炎症性疾患で、歯肉炎歯周炎に分けられます。ここでは、歯肉炎歯周炎の症状についてご紹介します。  「・・・もっと見る→」

ブリッジ

歯を抜いたままにしておくと、隣の歯が倒れてきたり、噛み合う歯が伸びてきたりして、全体の噛み合わせのバランスが崩れてきます。そこで、抜いた歯(欠損歯)を補うため、ブリッジ義歯を入れることが必要です。ブリッジとは、欠損歯の代わりとなる人工の歯(ダミー、またはポンティックという)を、両隣の歯にかぶせる冠と一体でつくったものです(下図)。つまり、両隣の歯を土台にして、人工歯を支えるわけです。  「・・・もっと見る→」

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法です。約2週間毎に新しいアライナーに交換しながら一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。(アライナー交換の期間や装着時間等は症例によって多少異なります)  「・・・もっと見る→」

親しらず

親知らずとは通称第3大臼歯または智歯のことをいいます。生えている状態は人それぞれで、まっすぐきれいに生えそろう人からまったく頭が出てこない人まで様々です。ですから「親知らず抜歯する」ではありません。  「・・・もっと見る→」

審美歯科

審美歯科は、虫歯や歯周病を治すことが目的ではなく、美しい健康な歯歯肉を作ることを目的としています。また、美しい歯や歯肉は若さと自信を与え、美しい笑顔を作り、精神的にも大きな恩恵をもたらします。  「・・・もっと見る→」

    COMMENTS
  • 診療時間 9:00~
    12:30
    14:30~
    21:00
    日・祝
    ★土曜日は
    9:00〜13:00・14:00〜18:00
    となります
  • 川崎区小川町のさくら通り歯科

    神奈川県川崎市川崎区小川町8-21
    高田ビル2F
    TEL:044-233-2327