ノンスクラプデンチャー(入れ歯)


今までの部分入れ歯の場合、金属の留め金(スクラプ)は必要でした。
また、留め金を目立たせないようにするには、かぶせ物を製作しなければならず、健康な歯であっても削る必要性がありました。
そこで金属留め金のない入れ歯が誕生しました。
この金属製留め金のない(スクラプがない=ノンスクラプ)入れ歯(義歯=デンチャー)のことを「ノンスクラプデンチャー」と呼びます。
材質はプラスチックス系のナイロン素材で、半透明で歯ぐきの色と似ています。
軽くて弾性があり、壊れにくい強い材質です。

¥78,000~

  1. 金属留め金がない。入れ歯が目立たない半透明なので、歯ぐきと色調が同化する。
  2. 金属アレルギーの心配がない。
  3. 弾性(柔らかい)素材で、薄く仕上がる。口の中が快適です。
  4. 軽く、着け心地が良い。

2歯以下の部分入れ歯         ¥78,000

3歯以上の部分入れ歯と総入れ歯  ¥98,000

 

Comments are closed.