歯周病‐歯垢や歯石の除去‐

歯周病

歯周組織に発生する疾患のことを、歯周疾患、または歯周病といいます。歯周疾患は、初期には自覚症状がほとんどないため気付かないうちに進行することが多く、症状が出た頃には状態が悪化し、治療に時間を要したり、抜歯が必要になったりすることがある深刻な病気です。歯周疾患のほとんどは、プラーク(歯垢)中の細菌が原因となって生じた炎症性疾患で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。ここでは、歯肉炎と歯周炎の症状についてご紹介します。
歯肉炎とは、歯周組織のうち歯茎にだけ炎症が起きている状態をいいます。歯肉炎のほとんどは、プラークや歯石によって歯周病菌が繁殖したことにより発症しますが、ホルモンの変調や服用薬の副作用によって起こることもあります。歯肉炎は歯周炎の前段階で、歯肉炎を放置すると歯周炎へ進行する危険性があります。

<歯肉炎でみられる症状>

歯茎が腫れる
歯茎が赤みをおびる
ブラッシング時に出血する
歯周炎とは、歯肉炎が進行し、歯根膜や歯槽骨に炎症が及んだ状態をいいます。かつては、歯槽膿漏とも呼ばれていました。歯周炎のほとんどは、炎症によって歯と歯茎の溝(歯周ポケット)が深くなり、プラークや歯石が溜まりやすくなったことでさらに歯周病菌が繁殖し、歯を支えている歯槽骨や歯根膜が破壊されてしまいます。歯周炎を放置すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

<歯周炎でみられる症状>

口の中がネバネバする
歯茎の腫れ
歯茎から膿が出る
歯茎が痩せる
歯根部分が見える(歯が長く見える)
冷たいものや、熱いもの、酸っぱいもので、痛みを感じたり、しみたりする
口臭
歯がぐらつく、または抜け落ちる
噛むと痛みがある
歯周炎は慢性にゆっくりと進行することが多くみられますが、特殊な細菌感染や、歯周組織に外傷性の損傷を与える「咬合性外傷」などの刺激が加わると、急速に進行することもあります歯周病は、虫歯とともに歯を失う大きな原因です。症状がでた時には手遅れとなることもありますので、少しでもお口の中の異常を感じたら、歯科医院へ受診しましょう

Comments are closed.