小児歯科‐お子様の治療‐

小児歯科

産まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。ではなぜ虫歯になってしまうのでしょうか。離乳食を子供に食べさせるときに、お母さんが一度口をつけたものを子供に食べさせることがよくありますが、その時に、お母さんの歯が虫歯になっていると、虫歯菌が子供へうつってしまうのです。乳歯の虫歯は永久歯よりも進行が早く小さな子供にとって歯の痛みや虫歯治療は負担が大きいです。早期発見のためにも定期検診をおすすめします。

乳歯のはえる時期や、永久歯にはえかわる時期は個人差がありますが、乳歯がいつまでも残ったままになっていると、永久歯の歯並びに影響するので、気をつけましょう。また、はえかけの永久歯は他の歯よりも低い位置にあり、歯ブラシが届きにくいので、工夫して磨くようにしましょう。はえたばかりの永久歯は、フッ素をとりこみやすいので、この時期にフッ素を塗布したり、6歳臼歯(第1大臼歯)にシーラントをしたりして虫歯予防をすることをおすすめします

治療の流れ

Ⅰ.緊急の場合を除いて、いきなり治療に入ることはなく、まず歯科医院の雰囲気に慣れてもらうためお子様に歯科で使う器具をわかりやすく説明し、トレーニングします。
Ⅱ.視診・触診・打診・エックス線診査などで、歯やその周りの状態を調べます。
Ⅲ.検査結果に基づき治療計画をたてて、その内容を説明します。

小さな虫歯の場合

1.虫歯の部分を削る。
2.削った部分に接着処理をする。
3.歯と同じ色合いの材料コンポジットレジン(プラスチック)で詰める。
4.詰めた部分の表面を研磨して形をととのえる。かみ合わせを調整する。

大きな虫歯の場合

1.局所麻酔(痛みがある場合)
2.虫歯の部分を削る。
3.神経を保護するセメントをつめる。
4.詰め物(インレー)の型を取る。
5.仮の詰め物を入れる。歯科技工所などで詰め物(インレー)を造ります。
6.仮の詰め物を外して削った歯を清掃する。
7.詰め物(インレー)を入れてかみ合わせを調整する。
8.調整終了後、詰め物(インレー)を研磨して歯に接着する。

大きな虫歯で、神経まで到達している場合

1.局所麻酔(痛みがある場合)
2.虫歯の部分を削る
3.虫歯に感染した神経を取る
4.根の中を器具を使って拡大する。
5.根の中を洗浄する。
6.根の中に殺菌作用のある薬を入れる根の中が完全にキレイになるまで4~6の治療を毎回くりかえします。
7.根の中に最終的な詰め物をいれる。
8.歯を削って形を整える。
9.場合によっては被せ物を作成します

Ⅳ.半年~1年に一度、定期検診を受けましょう

Comments are closed.